Illustrator / グラフを作る

1. グラフを使いこなす

  • イラストレーターを使ってグラフを作っていきたいと思います。
    インフォグラフやフラットデザイン、プレゼンなんかでも活躍するこのグラフの作り方を紹介します。

2. 様々なグラフを作る

  1. メニューよりグラフツールを選択します。
  2. 好きな大きさにして配置します。
    すると一つの棒グラフとテーブルが現れました。
  3. このテーブルに打ち込んでいきます。
    NewYork 120 60 10
    Chicago 80 30 20
    California 100 30 7
  4. 打ち込みが終了したらチェックマークをクリックします。
  5. あっと言う間にグラフが出来上がりました。
    色などを変えたりすることもできます。
  6. テキストデータから読み取って作ることもできます。
    インポートをクリックしてデータを読み込みます。
    あとは同じように好みに合わせて編集していきます。
  7. 積み上げグラフツールを使って同じようにやってみます。
  8. スッキリと3つにまとまっています。
  9. 横のグラフも同様に作ることができます。
  10. 折れ線グラフ階層グラフなど他のタイプも作ることができます。

3. 立体の円グラフを作る

  1. まずは円グラフを作っていきましょう
  2. 円グラフなので合計が100になっているのを確認してチェックをクリックします。
  3. テーブルを閉じてしまった後から編集する場合
    メニューから Object > Graph >Dataで再度ファイルを呼び出すことができます。
  4. 枠の塗りを無しにして色をつけていきます。
  5. Effect > 3Dで変更し完成です。
    グラフのデーターを壊さず表示だけ変えることで数字の修正が可能になります。

4. イラストをグラフに入れる

  1. さて、棒グラフに戻します。
    最近よくインフォグラフで使われるようになったスタイルとして棒グラフをアレンジしたものがあります。
    まずはシンプルな棒グラフを作ります。
    わかりやすく、自炊の割合を使ってみます。
  2. 棒グラフの横幅と同じイラストを用意してみます。
  3. 女性だけを選択し、Object > Graph > Design
  4. 同様に男性も登録します。
  5. 次に棒グラフの女性側の棒だけを選択し
    object > Graph > Column を開きます。
    このように設定して下さい。
  6. okをクリックすると女性のグラフがイラストに変わりました。
  7. 同様に男性の方も変えてみます。
    何度も繰り返すことで自然と作れるようになってきますので、たくさん練習してみてください。

関連記事

SNS

最近の記事

カテゴリー

スポンサーサイト


Copyright © 73℉ Studio