Photoshop / 削除と移動

1. イメージの削除と移動

  • 印刷業界で写真等に映っている誇りや傷などの修正をゴミ消しと言っていました。以前のデザイナーはAdobeが素晴らしいツールを開発する前…スタンプツールを使っていました。
    一所懸命、近くの場所を選択してぺたぺた、ペタペタ、ぺたぺた。
    写真を拡大して女優さんのむだ毛の修正なんかをしているとだんだん、違うものに見えてきたりもします。笑
    あ、余談でしたね。小さなものならこのツールは本当に良いです。
    でも、破れた写真や古い写真を修整するのは、やはりスタンプツールに限ります。
    それでは、今回の画期的なツールを紹介します。 いつものようにダウンロードはこちらからお願いします。
    Download

2. 画像を使った海辺のお話

2組のカップルがビーチにいます。3つのツールを使って二人だけの世界にしてあげましょう。


まず、使うのはツールパネルにあるSpot Healing Brush (スポット修正ブラシ) を選択します

イメージを拡大し、こんな風に上半身を塗りつぶしていきます。

男性の上半身が消えました。右の女性も同様に塗りつぶしていきます。



では、ここでパッチツールに切り替えます。

男性の下半身と砂浜を選択し、ドラッグして同じ場所になるところでマウスを放します。男性が消えてしまいました。同様に女性にもお暇していただきましょう



画期的ですよね。じ~んとしちゃいます。
イメージのようになっているでしょうか?できていれば次へ進みましょう。



さて、残りのカップルには少しだけ移動してもらいます。
カップルを切り抜くのか??
いえいえ、Photoshopは日々進化しています。 ここで、Content-Aware Move Tool(コンテンツに応じた移動ツール)に変えます。

カップルを大胆に選択し鷲づかみにして、好きな場所へドラッグします。



マウスを放すともといた場所にはカップルはいません。 背景は自動で周りと馴染むようにと進化したようです。



では、ここでもう一つのツールを紹介します。
時はカップルがまだ右端にいた頃に戻します。
(戻し方がわからない人はWindow > Historyで戻して下さいね)



このカップルを完全に消すことはできるのでしょうか?
可能にしたくなるのがPhotoshopです。(パッと消すことができれば嬉しいですよね)
(戻し方がわからない人はWindow > Historyで戻して下さいね)

このカップルを縄 (なげなわツール) を使って囲っちゃいましょう。
選択ツールであれば基本なんでも大丈夫だと思いますが、私は、なげなわが好きなのでなげなわツールで選択します。
選択し終わったら、強引ではありますがdeleteキーを押しちゃいます。

そうすると、ダイアログボックスが現れます。
Use: Content-Aware(コンテンツに応じる)をリストから選びます。
OKをクリックして下さい。

そうすると、ダイアログボックスが現れます。
Use: Content-Aware(コンテンツに応じる)をリストから選びます。
OKをクリックして下さい。



誰もいない静かなビーチになりました。
こういう機能がもっと増えてくると作業時間がもっともっと早くなりますね。
では、私たちもそっとこのレッスンを終了しましょう。

3. ポイント

保存方法ですが、psdデータはもちろん切り抜いた画像のデータも残されています。
しかし、ビットマップデータ(jpg, gif, tiff, pdf, eps)にしてしまうと画像は見た目で保存されてしまう為、切り抜く前のデータは失われます。
デザイナーさんは常にバックアップデータを保存している(いついつのデータと言われてすぐに出せるように)ので、バックアップ(少なくとももとの画像は触らず残しておくと便利)を残しておきましょうね。

関連記事

SNS

最近の記事

カテゴリー

スポンサーサイト


Copyright © 73℉ Studio